スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリエンナーレ

トリエンナーレ

山下埠頭で開催されている横浜トリエンナーレに行きました。
「日常からの飛躍」というテーマを満喫できた気がします。
でもモダンアートは難しくてシュルレアリスムとしか表現できません…。
私が気に入ったのは電話ボックスと奈良美智さんの部屋の作品です。 トリエンナーレ
園内は撮影禁止のため、外側の有名なオブジェを撮影。
デジカメや携帯で撮影している人も見かけましたがマナー違反です!
芸術家の権利は侵害しないようにしましょう。

トリエンナーレ
良い天気でした。風が強く旗がはためいていました。
海沿い(というより海の上)を結構歩くので暖かくしてお出掛け下さい。
関連記事

- 3 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2005/11/15 (Tue) 22:41 | EDIT | REPLY |   

budweiser_japan  

ハジメマシテ★

noaさんこんばんわ。写真素的ですね。
しかもカメラすごいな。

トリエンナーレのワタクシの記事TBさせて頂きました。
型に縛られない感じが気に入りました。

2005/11/16 (Wed) 23:20 | EDIT | REPLY |   

noa  

ありがとうございます

こんにちは!コメント、TBありがとうございます。
作者の意図を一生懸命考えて理解しようとするとちょっと頭が痛くなってきますね。
アートは「感じる」ものです。
でもやっぱり現実的で理解しやすいサッカーゲームやブランコに、人は集まってしまうものなのだな、なんて思いました。

2005/11/17 (Thu) 14:57 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

- 2 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  ????????????
  •  芸術とは、「内面的・精神的・主体的な思想や感情などを、外面的・客観的な形あるものとして表す」ことだという。「表現」とは、今、実際に存在する「現」を「表」に出す動作、つまり、現在(いま)の人間の内面的なものを、具体的なカタチにするということだ。考えや、思
  • 2005.11.16 (Wed) 23:13 | BUDS cafe@yokohama
この記事へのトラックバック
  •  横浜トリエンナーレ。
  • 行ってきました。横浜トリエンナーレ。入り口の巨大なオブジェ、Luc DeleuのSpeybank。そこから会場へと続くDaniel Burenの紅白の三角旗のインスタレーション。天気も良く、海と空の青と、紅白の旗とのコントラストがとても奇麗。会場内への期待が高まる。会場内には池水慶
  • 2005.11.28 (Mon) 11:41 | thinking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。