猫のいる青い館 ~大佛次郎記念館

大佛次郎記念館
大佛次郎記念館に行きました。
文学好きの方も、建物好きの方も、猫好きの方もおすすめです。 大佛次郎記念館
山手の西洋館には何度も行っているのに、大佛次郎記念館の中には初めて入りました。

大佛次郎記念館
企画展示「洋雑誌が映すモダン都市」に興味があったので行ってみることに。
(4月で終了しています)
大佛次郎が収集した1920~1930年代のおしゃれな洋雑誌が展示されていました。

大佛次郎記念館
館内には、大佛次郎が集めていた猫の彫刻が置かれています。
蔵書や展示資料以外の撮影はOKとのことなので撮影させてもらいました。

大佛次郎記念館
1階のロビーは窓から差し込む青い光が幻想的。

大佛次郎記念館
大佛次郎の家にはいつも10匹以上の猫がいたそうです。

大佛次郎記念館

大佛次郎記念館

大佛次郎記念館
2階のサロン。
閲覧室では大佛次郎の書籍が読めます。私は絵本「スイッチョネコ」を読みました。

大佛次郎記念館
ちょっとわかりづらいですが、窓に使われているのは「カメレオンガラス」と言って
見る角度によって色が変わるそうです。

大佛次郎記念館
記念館の外にも猫の置物。

大佛次郎記念館はなんとなく地味なイメージ(失礼)だったのですが、
中がこんなに素敵な建物とは知らなかったです!
山手の洋館や庭を散策する際に、立ち寄ってみてください。
関連記事

0 Comments

Add your comment