浄土式庭園で過ごす静かな時間

称名寺の黄菖蒲
黄色い菖蒲、朱色の橋、山の緑、青い空。
いつもより、鮮やかな色合いの称名寺の風景です。 称名寺の黄菖蒲
阿字ヶ池には、「平橋」と「反橋」の2つの橋が架かっています。

称名寺の黄菖蒲
5月20日撮影。黄菖蒲が満開でした。

称名寺の黄菖蒲

称名寺の黄菖蒲
池には蛙の声が響いていました。

称名寺の黄菖蒲
亀も気持ちよさそう。

称名寺の黄菖蒲

称名寺の黄菖蒲

称名寺の黄菖蒲
境内を歩いていると、管理者の方が庭や仁王門の説明をしてくださいました。
なんとこの黄菖蒲は、植えたわけではなく、外来種なんだとか。

国宝 金沢文庫
「中世のトンネル」をくぐって、金沢文庫へ。
無料で入れる図書室があり、横浜の郷土史に関する本やガイドブックなどを読むことができました。

池を吹く風が気持ちよく、静かな時間が流れる初夏の称名寺でした。
関連記事

0 Comments

Add your comment